お知らせ

11.192019

「3Dプリント・VR」ものづくりセミナー開催のお知らせ

平素よりお世話になっております。
前回、8月に東京にて開催し大変ご好評いただいたものづくりセミナーに続き、大阪にて「3Dプリント・VR」ものづくりセミナーを開催することが決定いたしました。

3DプリンターとVRを活用した開発の効率化・低コスト化についてのご紹介

製品・VR開発を行ってるディプロス株式会社様と3Dプリンターに特化した弊社にて、3Dプリンターによる「現物試作から製品製作まで」および「デジタル試作」をテーマに、開発フローにおける効率化や低コスト化について、3DプリンターやVRの活用事例を交えてお話します。

また、セミナー終了後には展示会形式にて弊社取扱の製品やディプロス様取扱のVR機器などを展示・閲覧・体験も可能となっております。

ディプロス株式会社展示:
①VRソフトウェア「MeshroomVR」他

URL: https://www.dipross.co.jp/eng/service/software/meshroom-vr

②3Dスキャナー「HDIシリーズ」

URL:https://www.dipross.co.jp/eng/service/scanner/sales

 

10月にINTEX大阪にて開催された次世代3Dプリンター展でも注目を集めた3Dプリンター「Raise3D」「Markforged」、3Dスキャナー「EinScan」についても、

ご紹介させていただきます。

日本3Dプリンター株式会社展示:
①3Dプリンター「Raise3D」

URL:https://raise3d.jp/

②3Dプリンター「Markforged」

URL:https://3dprinter.co.jp/markforged/

③3Dスキャナー「EinScan」

URL:https://3dprinter.co.jp/distinations/einscan/

概要:
期間 2019年12月13日(金)13:00~16:00
15:00以降は展示会形式を予定

会場:
大阪市北区梅田2-1-18 冨士ビル3階 貸会議室ユーズツウ3階B室(MAP

定員:
30名(先着順・1社2名様まで)※最小催行人員10名

受講料:
無料

内容:
①ものづくりにおける3Dプリンターの有用性(日本3Dプリンター株式会社)
・現物試作から製品製作まで
・今後使用可能となる樹脂等3Dプリンターの将来性

②ものづくりにおけるVRの有用性(ディプロス株式会社)
・開発の現場におけるVRの用途
・活用事例
・VRツールの色々
※初めての方でもわかりやすい内容でご用意致します。

※終了後展示会形式へ移行

こんな方にオススメ
・3Dプリンターで造形可能になる樹脂など将来性に興味のある方(スーパーエンプラ・ゴムライク等の特殊樹脂等)
・製品開発の効率化やコスト削減に興味のある方
・3DプリンターやVRに関する情報の欲しい方
・3Dプリンター、VR、3Dスキャナーを実機でご覧になりたい方

お申込みはこちらへ

過去の記事

  1. 12.42019

    年末年始休業のお知らせ

    誠に勝手ながら、2019年12月28日(土)〜2020年1月5日(日)まで、日本3Dプリンターは...

  2. 12.22019

    3Dスキャナ起源とは?3Dスキャナの有効活用法!

     現代の様々なシーンで有効活用されている3Dスキャナの歴史とは?昨...

  3. 11.192019

    「3Dプリント・VR」ものづくりセミナー開催のお知らせ

    平素よりお世話になっております。

おすすめ記事

  1. 2019.5.9

    「芸術・文化遺産」3Dスキャナーで壊れた磁器の復元

    事例概要:Zhang Fei 3D art studioは、中国の河南窯の磁器の修復に、Ei...
  2. 2019.5.8

    「芸術と文化遺産」3Dスキャナーで彫刻デジタルミュージアムの設立と支援

    概要:オンライン3D造形プラットフォーム「MyMiniFactory」は、EinScanを使...
  3. 2019.5.8

    「研究と教育」3D スキャナーで脳波研究の支援

    人の脳が活発なとき、脳波は互いに通信し合う多数のニューロンからの同期電気パルスによって生成されます。
ページ上部へ戻る