お知らせ

11.182019

3Dスキャナー市場調査!2025年に市場規模66億ドルへ成長

3Dスキャナの需要は世界規模で広がっている!!
気になる3Dスキャナーの動向

3Dスキャナの需要はデジタルが進む現代では、必要不可欠なツールになりつつあります。ここでは、現在の3Dスキャナの普及や需要について様々な角度から見ていきたいと思います。

3Dスキャナは上昇率アップ!2025年に約66億ドルに到達!

3Dスキャナは年々需要が高まっている
MarketsandMarketsの調査によれば、3Dスキャナのシェア率は年々上昇傾向にあり、2025年に約66億ドルに到達されています。この調査内容では、3Dスキャナ市場、ハードウェア・ソフトウェア、アフターサービス、3Dスキャナのタイプ、範囲、アプリケーション、グローバル予測を考慮した調査結果となっています。3Dスキャナ市場は、2018年の段階において約41億万ドル、2019年~2025年の間でCAGRが6.6%成長する事を予測しています。よって、2025年には約66億ドルに達する見込みである事が発表されています。現在の各産業分野では、モデリングや分析を行うにあたり大量の情報記録が必要となっています。こうした大量の情報を記録して読み込むツールとして3Dデータに取り込む事ができる3Dスキャナの必要性が増加しているのです。時代と共に高まる品質制御重視、先端医療処置に関しての認識の向上が、3Dスキャナ市場を急速に成長させた要因になっています。

高成長のリバースエンジニアリングアプリ

現在、リバースエンジニアリング向けの3Dスキャナ市場が活気に満ちています。2019年~2025年に向けてその成長は増々伸びる事が予測されています。特に、自動車、航空宇宙、防衛、製造産業等の分野においては実物から設計変更するまで、3Dスキャナの導入に乗り出している所が年々増加しています。また、手作り自動車、スペアパーツ、製造中止になったパーツ等を製造する為にも活用できる点も、積極的な導入要因の一つとなっています。このようなに、現在の3Dスキャナは高精度、ハイスピードな製品分析、オリジナル製品に変更する能力等を提供する事ができる機器として注目されています。3Dスキャナで得られるこれらのメリットが、リバースエンジニアリング市場の成長を後押ししているのです。

建築・建設業向け3Dスキャナ市場の高成長を予測

建築・建設業向け3Dスキャナ市場では、3DスキャナとCADのソフトウェアの統合で、作業工程が便利になった事から急激に市場が成長しています。3Dスキャナ技術の進歩によって、現在は建築設計時間に関する全般的なコスト削減に繋がっています。3Dスキャナで取得した計測データは、3D及び2DCADデータに変換されるので、平面図、境界図、立面図の可視化に有効的に活用されています。可視化できる事によって、エンドユーザーがPCから3Dデータにアクセスする際にも便利で役立っています。

3Dスキャナ市場の最大シェア国はアメリカ

アメリカは、北米と南米で校正された大きな国でありますが、様々な3Dスキャニング技術がアメリカでは早い段階で採用されています。主に、アメリカでは自動車や航空宇宙を含む産業で、品質制御、ラピッドプロタイピング、リーバースエンジニアリング等、様々なアプリ向けに広く活用されています。さらに、アメリカでは科学捜査、犯罪現場操作、ファッション、宝石と言うように、新たな新興アプリの3Dスキャナの最初期採用者でもあります。このように、3D技術に関する開発や進歩が先行して進んでいるアメリカは、3Dスキャナのシェア率も世界で最も高いシェアを占めています。

3Dスキャナの販売メーカー数は多数

3Dスキャナの販売メーカーは日本国内・国外に多数存在しています。各メーカーで業務用3Dスキャナや家庭用3Dスキャナを取り扱っています。また、最近は時代の変化によってデジタルが進んでおり、3Dスキャナの販売メーカーも増加傾向にあります。日本は世界に比べると3D技術の取入れが少し遅れている事が挙げられますが、特に3Dスキャナのシェア率が高いアメリカの影響を受けて、日本でも現在では色々と3Dスキャナ技術を導入したシステムを積極的に取り入れていく姿勢に変わってきています。
3Dスキャナの機器が色々なタイプがあります。各販売メーカーでは現在充実した3Dスキャナの機器が色々とラインナップされています。建物や構造物、道路、トンネル、橋梁、遺跡、プラント、工場、犯罪・事後現場等、色々なモノや場所を短時間で3D化して3Dモデリングや図面化を高精度でハイスピードに行うことができる主流の据置型スキャナや、据置型とは違い局所的スキャニングが得意なアーム型スキャナ、主に室内、手の届く範囲の対象物の計測がメインで携帯型にも優れているハンディ型スキャナ等、各メーカーは利用目的や用途に合った様々なスキャナを販売しています。

3Dスキャナの市場規模が大きい国・地域はここ!
3Dスキャナ導入国No.1はアメリカ

アメリカでは、3D技術の開発が日本に比べて昔から先進しています。2015年にアメリカのテキサス州ダラスで、3Dスキャナでレーザーや構造化光を用いて、対象物や周辺環境を3Dデータ化して計測可能にしたデバイスを開発しています。3Dスキャナが生成するデータは点群と言われていますが、対象物の詳細解析、計測、修正等を目的として3Dスキャンで3D表現の作成に活用していました。製品の品質クオリティに対する保証を目的に、アメリカでは色々な産業分野において幅広く3Dスキャナが利用されています。
3Dスキャナ市場は基本的に、アメリカ大陸、ヨーロッパ、アジア太平洋、その他の地域から成る4つの地域で校正されています。その地域の中でも、アメリカ、カナダ、メキシコの北米地区は、アメリカ大陸において3Dスキャナ市場の主要地位を占めています。自動車、ヘルスケア、航空宇宙等、特に業種を限定せず様々な分野において、3Dスキャニング技術の最前線となっています。また、同地区では科学捜査、ファッション業界、宝飾等の分野においても、現在、急速に3Dスキャナの導入が拡大しつつあります。このように、新規需要層におけるアーリーアダプター比率が高い点も特徴です。この3D技術分野では、ヨーロッパも北米地区と近い傾向があります。

世界的に見る3Dスキャナの主要企業や産業分野

3Dスキャナ市場での主要な企業には、Hexagon社、Faro Technologies社、Nikon Metrology社、Trimble社、Topcon社、Creaform社、Perceptron社、GOM社等複数の有名企業が挙げられます。これらの企業が販売している3Dスキャナの種類については、レーザー光型と構造化光型が代表的になりますが、製品セグメントで見ると三脚マウンド型、CMMベース、ハンドヘルド、デスクトップ型等が販売されています。また、3Dスキャナの需要が大きい業種を世界的に見ると、自動車産業、輸送車産業、輸送機関、健康機器、航空宇宙、防衛産業、土木・建設、エネルギー産業等、多岐に渡って様々な業種をターゲットに展開されてきています。

アメリカでの3Dスキャナ導入の取り組み

1.空港での3Dスキャナの使用運転開始
アメリカでは、2006年の液体状爆発物により発生したロンドン旅客機爆破テロの未遂事件以来、飛行機への液体持ち込みに制限をかけていました。他にも、鞄からスマホとラップトップは出すルールもできる等、今までよりも手荷物検査が厳しく行われるようになりました。しかし、NYにあるJFK国際空港では3Dの新たな技術を活かしたシステムの導入が検討されるようになる等、早くからアメリカでは3Dスキャナの導入計画が進んでいます。アメリカ運輸保安庁とアメリカ航空がダッグを組み、JFK国際空港のセキュリティポイントで新スキャナの試用運転開始が発表されています。従来は、検査官によって2D画像確認を行わっていましたが、試用運転が開始された新スキャナは3D画像になる為、色んな角度からの手荷物チェックの目視が可能になりました。この3Dスキャナの導入により、液体、ジェル、スプレー、ラップトップ等も手荷物に入れたままセキュリティポイントを通過できるようになる事を目的に取り組みがなされました。

2.スキャン型X線検査装置の導入開始
昨年の7月にアメリカでは、医療用コンピューター断層撮影技術(CT)の応用として、全方面から荷物3Dスキャンする事が可能な新型X線検査装置を、各地の空港に導入する事を発表しています。従来2D画像とは違って、高精度な3Dの立体画像で対象物が表示されるようになるシステムになっています。なので、このシステムによって荷物に隠されている爆発物や武器等を検出しやすくしています。また、乗客が液体物やPCをわざわざ手荷物の中から取り出す手間も省ける等、検査の効率化に貢献できるシステムとして活用されています。
この3Dスキャナの価格は、1台およそ30万どるとなっており、ボストンやフェニックス等、既に一部の国際空港ではこの3Dスキャナの導入が開始されています。2018年度においては全米の空港15カ所に計40台、2019年度末までに145台以上の設置を見込んだ取り組みが行われており、3D技術を積極的に取り入れています。さらに、スキャン型X線検査装置は、連邦政府施設にも16台の導入を検討する等3Dスキャン技術の活躍は広まっています。アメリカの空港は、保安検査場を通過する旅行者の数が記録的水準に達しており、検査場での長い待ち時間が大きな問題になっていました。しかし、スキャン型X線検査装置の導入で、アメリカの空港で検査場通過をスムーズにしています。導入効果により乗客と乗務員数については、史上2番目に多い約268万人に達した結果となっています。

まとめ
現在、日本でも3D技術の先を行くアメリカに追い付くように、3Dスキャナ技術は進歩しています。3Dスキャナは世界的に見ても非常に多くのシーンで活用されている画期的なツールです。今後も増々普及拡大が進む事が予測されており、デジタル化された社会が当たり前になる今、導入を検討している会社や企業は増えています。

過去の記事

  1. 12.42019

    年末年始休業のお知らせ

    誠に勝手ながら、2019年12月28日(土)〜2020年1月5日(日)まで、日本3Dプリンターは...

  2. 12.22019

    3Dスキャナ起源とは?3Dスキャナの有効活用法!

     現代の様々なシーンで有効活用されている3Dスキャナの歴史とは?昨...

  3. 11.192019

    「3Dプリント・VR」ものづくりセミナー開催のお知らせ

    平素よりお世話になっております。

おすすめ記事

  1. 2019.5.9

    「芸術・文化遺産」3Dスキャナーで壊れた磁器の復元

    事例概要:Zhang Fei 3D art studioは、中国の河南窯の磁器の修復に、Ei...
  2. 2019.5.8

    「芸術と文化遺産」3Dスキャナーで彫刻デジタルミュージアムの設立と支援

    概要:オンライン3D造形プラットフォーム「MyMiniFactory」は、EinScanを使...
  3. 2019.5.8

    「研究と教育」3D スキャナーで脳波研究の支援

    人の脳が活発なとき、脳波は互いに通信し合う多数のニューロンからの同期電気パルスによって生成されます。
ページ上部へ戻る