ブログ

EinScan Pro 2X Plusによる3Dスキャンによるカスタム装具

3Dデジタル化技術は、製品設計、エンジニアリング、アートから医療業界での応用まで、幅広い用途で使用されています。この技術を使用した海外で非常に人気のある成功したアプローチは、カスタム装具の展開です。SHINING 3Dは、南ドイツの若くて革新的な企業であるOT4と協力して、患者と整形外科技術者のためにカスタム装具を作成するという新しいソリューションを提供しています。

カスタム装具 サービス

OT4は、SHINING 3DのEinScan Pro 2X Plusを使用した3Dスキャンを通してカスタム装具を顧客に提供しています。彼らの3Dデジタルワークフローは、エンジニアリング、モデリング、3Dプリンティングサービスとその間のすべてをカバーしています。必要に応じて、チームは医療用品店や医療工房に車を走らせ、現場でスキャンを行います。

カスタム装具 ワークフロー

以前は、カスタム装具のインプリントは、患者の皮膚表面を直接撮影した石膏包帯を使って手動で作成されていました。3Dスキャンの新しいデジタル方法により、インプリントは高レベルのディテールで撮影することができます。

カスタム装具・利点

デジタル化されたワークフローの利点は多岐にわたります。石膏包帯を貼ってカスタム装具の印象を取る従来の方法と比較して、3Dスキャンによる患者のデータの取得は、非接触データ取得により、はるかに速く、より衛生的です。さらに、データ取得のデジタル方法を使用することで、かなりの量のゴミ(石膏包帯)と患者のストレスが同時に減少します。

3Dスキャンによるカスタム装具作成のワークフローは非常にシンプルです。

・患者は医師の処方箋を持って整形外科の工房に到着します。

・診断をもとに治療計画を立てる

・3Dスキャンを実施

・キャプチャしたデータはOT4に転送されます。

・OT4が必要なスプリントをデジタルモデル化し、3Dプリンタで装具を製造

・短期間で、カスタム装具スプリントを患者に届けることができます。

カスタム装具・EinScanを選ぶ理由

OT4社は、スキャナが提供できる高解像度フルカラー3Dデータにより、カスタム装具を作成するためのパートナーとしてEinScan Pro 2X Plusを選択しました。石膏包帯よりもはるかに効率的に医療補助具を作成するために必要なすべての情報を抽出することができるため、高品質の製品を顧客に提供するための理想的なツールとなっています。

OT4について

2018年4月に設立されたミュンヘンを拠点とする整形外科企業OT4は、3Dプリントされたカスタム装具の製造に特化しています。それ以来、彼らは1000人以上の患者サービスを完成させ、彼らの職業の最新技術をチャンピオンにすることで一定の成長を経験しています。

関連記事

おすすめ記事

  1. 2019.5.9

    「芸術・文化遺産」3Dスキャナーで壊れた磁器の復元

    事例概要:Zhang Fei 3D art studioは、中国の河南窯の磁器の修復に、Ei...
  2. 2019.5.8

    「芸術と文化遺産」3Dスキャナーで彫刻デジタルミュージアムの設立と支援

    概要:オンライン3D造形プラットフォーム「MyMiniFactory」は、EinScanを使...
  3. 2019.5.8

    「研究と教育」3D スキャナーで脳波研究の支援

    人の脳が活発なとき、脳波は互いに通信し合う多数のニューロンからの同期電気パルスによって生成されます。
  4. 2019.5.8

    「医療活用」人間3Dスキャン

    3Dプリント個別ヒールカップの研究に適用されている「EinScan-Pro」足底筋膜炎の治療...
  5. 2018.1.16

    デスクトップ3Dスキャナの極限の機能をご紹介

    SHINING 3Dは、EinScan-Sスキャン分担法( the EinScan-S Scan S...
ページ上部へ戻る