ブログ

自然をジュエリーに変える

EinScan Pro 2xでの金細工
3Dスキャンのアプリケーションといえば、産業用アプリケーション、ハイエンド計測、機械部品のリバースエンジニアリングなどが思い浮かびます。これらは3Dスキャンの伝統的なアプリケーションとして、長年にわたって長い道のりを歩んできました。EinScan Pro 2Xのような最新の3Dスキャナーは、家庭での小さな趣味のプロジェクトからハイエンドのリバースエンジニアリングまで、無数のアプリケーションに対応が可能です。EinScan Pro 2Xシリーズは、新規ユーザーが3Dスキャンやデザインに参入するための参入コストを下げ、その結果、3Dスキャン技術のクリエイティブなアプリケーションが増加しています。従来はコストの関係で3Dスキャナーを使用することができなかったアプリケーションが、手頃な価格の3Dスキャナーのおかげで、技術を向上させるために現代的な方法を採用し始めました。Schnider & Hammer AGはそのような企業の一つで、EinScan Pro 2Xを使用して取り組んだ興味深いプロジェクトをご紹介します。

Schnider & Hammer AGについて
1993年に設立されたSchnider & Hammerは、25年以上にわたり伝統的な金細工を専門としてきましたが、常に金細工の壁を打ち破ることに興味を持っていました。当初から3Dデザインと迅速な製造ツールを使用して、高品質の製品を顧客に提供してきました。印象的なWeissensteinコレクションのような表現力豊かなジュエリーを生み出してきましたが、創造性への渇望から、より多くのものを求めて従来の方法を拡張することになりました。彼らの夢の一つは、自然を模倣したジュエリーを作れるようになることでした。木の表面、岩、その他の有機的・自然界に存在する形は、ユニークな作品を作るのに適していますが、伝統的な方法でこれらのデザインを実現することは、あまりにも難しいことがわかりました。簡単に言えば、自然界に存在する形状を手で再現するのはあまりにも困難だったのです。

3Dスキャナの選択
Schnider & Hammer社は、熟考の末、3Dスキャナーの購入を決定しました。彼らはこの技術に興味を持ち、3Dスキャナーが現在直面している設計上のギャップを埋めることができることを知っていました。市場には多くの3Dスキャナーがありましたが、彼らは特定の要件を満たすものを必要としていました。EinScan Pro 2Xはまさに彼らが探していたもので、魅力的なエントリーコストを備えたプロレベルの3Dスキャナーでした。さらに、EinScan Pro 2Xは非常に使いやすく、その多機能性により幅広いアプリケーションに対応していました。彼らの用途には完璧なツールでした。

EinScan Pro 2Xの使用方法
彼らがEinScanを使用する上での最大の課題は、希望するスキャンモデルが自然なものであること、つまり屋外であることでした。すべての3Dスキャナは光源として光を使用しているため、屋外でのスキャンはスキャナの種類に関わらず大きな課題となります。また、すべてのスキャナは動作するために外部電源を必要とするため、屋外でスキャナに電源を供給する方法も必要でした。EinScanはワイヤレスバッテリーとの互換性があるため、スキャンする場所の表面に十分な日陰があれば、ノートパソコンを使って屋外に出て対象物をスキャンすることができます。木の表面積は、木の葉がスキャナが屋外で作業するのに十分な日陰を提供してくれるので、この要件を満たしています。

スキャナは素早くデータを収集し、数分以内にEinScanのソフトウェアからファイルをエクスポートし、目的の3Dモデリングソフトウェアに取り込むことができます。最終的なスキャンモデルは詳細に富んでおり、樹皮の形成にある小さな隆起さえも捉えています。このレベルのディテールは自然界でしか作り出すことができず、まさにSchneider & Hammer社がジュエリーコレクションに取り入れたいと考えているものです。スキャンされたオブジェクトは、すべての特徴を保持しており、デザインソフトウェアを使用して再調整して適合させることができます。自然界から再現されたものの多くは、その輝きや特徴を失ってしまいます。3Dスキャンは、私たちの身の回りの世界を再現し、デジタル化するための非破壊的な方法を提供しています。

EXScan Proソフトウェアでスキャンしたデータ

Rhino3Dでの3Dモデリング

完成したリングモデルのレンダリング

 

完成した3Dモデルを自分たちのプロジェクトに必要な形にはめ込んでいきます。今回は木の皮をリング状にはめ込んでいますが、モデルはあらゆる形状やサイズにフィットさせることができます。完成したパーツは、伝統的な方法で製造することができ、高品質な感触を保つことができます。

概要
EinScan Pro 2Xシリーズは、新規ユーザーが3Dスキャンやデザインに参入するためのエントリーコストを下げ、その結果、3Dスキャン技術のクリエイティブなアプリケーションが増加していることを目の当たりにしています。伝統的なハンドクラフト産業では、3Dスキャンが急速に採用され、ワークフローが拡大しています。3Dデジタル化がEinScan Pro 2Xほど身近なものになったことはありません。

関連記事

おすすめ記事

  1. 2019.5.9

    「芸術・文化遺産」3Dスキャナーで壊れた磁器の復元

    事例概要:Zhang Fei 3D art studioは、中国の河南窯の磁器の修復に、Ei...
  2. 2019.5.8

    「芸術と文化遺産」3Dスキャナーで彫刻デジタルミュージアムの設立と支援

    概要:オンライン3D造形プラットフォーム「MyMiniFactory」は、EinScanを使...
  3. 2019.5.8

    「研究と教育」3D スキャナーで脳波研究の支援

    人の脳が活発なとき、脳波は互いに通信し合う多数のニューロンからの同期電気パルスによって生成されます。
  4. 2019.5.8

    「医療活用」人間3Dスキャン

    3Dプリント個別ヒールカップの研究に適用されている「EinScan-Pro」足底筋膜炎の治療...
  5. 2018.1.16

    デスクトップ3Dスキャナの極限の機能をご紹介

    SHINING 3Dは、EinScan-Sスキャン分担法( the EinScan-S Scan S...
ページ上部へ戻る