ブログ

【EinScan活用法】薄い形状を3Dスキャンするには

いつも大変お世話になっております。
日本3Dプリンターでございます。
今回は【薄い形状を3Dスキャンするには】をテーマとしてスキャナーの活用法を共有させていただきます。

EinScanでは1回目にスキャンしたデータと2回目にスキャンしたデータの共通する部分をソフトウェアで認識して位置合わせを行い、その作業を何度も行うことで形状全体のデータを取得していきます。

そのため、厚みの薄いものをスキャンするときは表面から裏面へのスキャンを行う際に共通する部分が少なく、トラッキングロストや位置合わせで失敗してしまいます。

例えば、このような薄い部品は表面から裏面にスキャンする際にロストしてスキャンができないことがあります。

基本的にはEinScanシリーズは一辺が最小30㎜以下の物はスキャンが困難です(固定スキャン時)。また、ハンディスキャンになるとより小さいものや厚みのないものはスキャンが難しくなります。

ですがこのような薄い形状を撮りたい時の裏ワザとして、地面にマーカーを張って地面ごとスキャンしていくことで表裏のスキャンデータをスキャンすることができるようになります。

表と裏の位置関係をスキャンし、その後は取れていない部分をスキャンしていけば両面のデータが完成します。

固定スキャンの場合も同様で対象物を立ててターンテーブルのマーカーでスキャンするとスキャンができるようになります。

SEの場合はマーカースキャンに対応していないので、ほかの機種よりも薄いもののスキャンがより難しくなるのですが、何か特徴的なものを横に置いたりしてスキャンするとうまくいく場合があります。

もちろん、EinScanのスペックと方式上、薄いものすべてがスキャンできるようになるわけではないですが、
現状スキャンにお困りの対象物があるようでしたらご参考になれば幸いでございます。

関連記事

おすすめ記事

  1. 2019.5.9

    「芸術・文化遺産」3Dスキャナーで壊れた磁器の復元

    事例概要:Zhang Fei 3D art studioは、中国の河南窯の磁器の修復に、Ei...
  2. 2019.5.8

    「芸術と文化遺産」3Dスキャナーで彫刻デジタルミュージアムの設立と支援

    概要:オンライン3D造形プラットフォーム「MyMiniFactory」は、EinScanを使...
  3. 2019.5.8

    「研究と教育」3D スキャナーで脳波研究の支援

    人の脳が活発なとき、脳波は互いに通信し合う多数のニューロンからの同期電気パルスによって生成されます。
  4. 2019.5.8

    「医療活用」人間3Dスキャン

    3Dプリント個別ヒールカップの研究に適用されている「EinScan-Pro」足底筋膜炎の治療...
  5. 2018.1.16

    デスクトップ3Dスキャナの極限の機能をご紹介

    SHINING 3Dは、EinScan-Sスキャン分担法( the EinScan-S Scan S...
ページ上部へ戻る