ブログ

【EinScan活用法・ハンディ機種】あまり使われていなかった機能グローバルマーカーポイント

いつもお世話になっております。

日本3Dプリンターでございます。

今回はハンディスキャンの中でもあまり知らないけれども便利なグローバルマーカーポイントという機能をご紹介していきます。
こちらはたくさんの物を短時間でスキャンする方などに向いている機能になります。

手順①
事前に床などのスキャンするものの土台にマーカーを張ります。

手順②
床の部分のみをスキャンしてマーカーを認識させます。

手順③
.p3ファイルを選択して保存します。

手順④
スキャンモード選択に戻り、再度新規ファイルを作成して、先ほど保存したp3ファイルを赤枠部分に入れます。

手順⑤
そのままスキャンをスタートしますと事前にマーカーの位置情報が残った状態でスキャンをすることができるので、対象物を置いてスキャンするとロストが少なくなります。

このグローバルマーカーポイントを使用することによって、例えば市販のターンテーブルにマーカー張りグローバルマーカーポイントを使用することで大型のターンテーブルの作成ができたり、出張でのスキャンなどの短時間で多くの物(特に左右対称の物や薄いもの)をスキャンする必要があるときなどに非常に役に立ちます。

もしよろしければグローバルマーカーポイントもお役立ててください。

関連記事

おすすめ記事

  1. 2019.5.9

    「芸術・文化遺産」3Dスキャナーで壊れた磁器の復元

    事例概要:Zhang Fei 3D art studioは、中国の河南窯の磁器の修復に、Ei...
  2. 2019.5.8

    「芸術と文化遺産」3Dスキャナーで彫刻デジタルミュージアムの設立と支援

    概要:オンライン3D造形プラットフォーム「MyMiniFactory」は、EinScanを使...
  3. 2019.5.8

    「研究と教育」3D スキャナーで脳波研究の支援

    人の脳が活発なとき、脳波は互いに通信し合う多数のニューロンからの同期電気パルスによって生成されます。
  4. 2019.5.8

    「医療活用」人間3Dスキャン

    3Dプリント個別ヒールカップの研究に適用されている「EinScan-Pro」足底筋膜炎の治療...
  5. 2018.1.16

    デスクトップ3Dスキャナの極限の機能をご紹介

    SHINING 3Dは、EinScan-Sスキャン分担法( the EinScan-S Scan S...
ページ上部へ戻る