ブログ

「設計・デザイン」3Dスキャナーでインテリア設計

Ruigについて:

Buro Ruigは、2016年1月Peter OvregaauwとLvar Kraaijevangerによって設立された設計代理店です。当社の製品は、3Dスキャン、3D印刷、フライス加工、レーザー切断などのラピッドプロトタイピング技術を使用して設計および製造され、お客様にカスタマイズされた製品を提供しています。Buro Ruigでは、お客様が高レベルのサービスを提供するためにEinScanシリーズが使用されています。

Buro Ruigの最初の独自製品は「De Vliegtuiglamp」というランプで製作したり、人を頭から爪先までスキャンできる3Dスキャンのセットアップも構築しました。

こういったラピットプロタイピング技術により、Buro Ruigは様々な規模のカスタムプロジェクトを迅速かつ効率的に設計し、製作することができます。

事例について https://www.fatboy.com/

 

Fatboyは、建築家やデザイナーが、インテリアスペースをデザインする際に使用する3Dデジタルライブラリの製作をBuro Ruigに依頼しました。この3Dデジタルライブラリーにより、建築家とデザイナーがFatboyの製品を、デジタル上で彼らのデザインの中に組み込むことができ、設計をスムーズに行うことができるようになりました。

3Dモデルとして利用できなかった様々なFatboy製品(代表製品「ビーンバッグ」を含む)を、EinScanシリーズのハンドヘルドスキャンモードを使用してスキャンしました。そこから、Z-Brushで製品の3Dスキャンを処理して色付けし、ビーンバッグをできるだけリアルに見せるようにしました。その結果、Fatboyとその設計チームのコミュニケーションが容易になり、時間が短縮され様々なデザインを試すこともできるようになりました。

対象物の3Dスキャン:

得られたデータはZbrushで編集および設計:


最終的な3Dデータ:


関連記事

おすすめ記事

  1. 2019.5.9

    「芸術・文化遺産」3Dスキャナーで壊れた磁器の復元

    事例概要:Zhang Fei 3D art studioは、中国の河南窯の磁器の修復に、Ei...
  2. 2019.5.8

    「芸術と文化遺産」3Dスキャナーで彫刻デジタルミュージアムの設立と支援

    概要:オンライン3D造形プラットフォーム「MyMiniFactory」は、EinScanを使...
  3. 2019.5.8

    「研究と教育」3D スキャナーで脳波研究の支援

    人の脳が活発なとき、脳波は互いに通信し合う多数のニューロンからの同期電気パルスによって生成されます。
  4. 2019.5.8

    「医療活用」人間3Dスキャン

    3Dプリント個別ヒールカップの研究に適用されている「EinScan-Pro」足底筋膜炎の治療...
  5. 2018.1.16

    デスクトップ3Dスキャナの極限の機能をご紹介

    SHINING 3Dは、EinScan-Sスキャン分担法( the EinScan-S Scan S...
ページ上部へ戻る