設計・産業分野の事例

  1. 3Dスキャナーは自動溶接を可能にする

    課題:清潔かつ快適(comfortable)な溶接工場で働くのは素晴らしいことではないでしょうか?それと同時に生産性と効率性を高めることができるか?これはまさにVRIC(大連)のWelding Tech Companyが溶接技術に革命を起こすことを決めたときの課題でした。

  2. 3Dスキャナーでのカスタムメイドのイヤホン

    課題:現代、おしゃれな消費者たちはカスタムフィッティング(custom-fitted)衣料品、パーソナライズドジュエリーなどのオーダーメイドのユニークな商品を求めています。そして、今ではイヤホンでさえ製作のランクに加わっている。

  3. 3Dスキャナーを通じてアメリカのメーカーが作成した「Apocalypse Motorcycle」

    概要:Makertree3Dエンジニアは、Shining 3D EinScan-Proスキャナーを使用してオートバイの3Dデータを取得しており、他の3D素材と組み合わせることで、3D印刷技術によって「スケルトンマスク」の形のダッシュボードカバーを再設計し、作成しました。

  4. レーシングカーにおける時間節約と効率的なメンテナンス

    概要:スウェーデンのレーシングチーム------Speedlab Racingは、Shining 3DハンドヘルドスキャナーEinScan-Proを使用してレーシングカーのボディをスキャンし、自動車の交換部品を製造した。

おすすめ記事

  1. 2019.5.9

    「芸術・文化遺産」3Dスキャナーで壊れた磁器の復元

    事例概要:Zhang Fei 3D art studioは、中国の河南窯の磁器の修復に、Ei...
  2. 2019.5.8

    「芸術と文化遺産」3Dスキャナーで彫刻デジタルミュージアムの設立と支援

    概要:オンライン3D造形プラットフォーム「MyMiniFactory」は、EinScanを使...
  3. 2019.5.8

    「研究と教育」3D スキャナーで脳波研究の支援

    人の脳が活発なとき、脳波は互いに通信し合う多数のニューロンからの同期電気パルスによって生成されます。
ページ上部へ戻る