の記事一覧

  1. ネアンデルタール人博物館のDISAPALEプロジェクト。EinScan Pro 2X Plusが石器時代をオンラインにする

    これは、ネアンデルタール博物館のプロジェクトで、エアランゲン-ニュルンベルクのフリードリヒ-アレキサンダー大学と共同で、BMBF、連邦教育研究省(ドイツの連邦省)の資金援助を受けています。

  2. EinScan Pro 2X Plusによる3Dスキャンによるカスタム装具

    3Dデジタル化技術は、製品設計、エンジニアリング、アートから医療業界での応用まで、幅広い用途で使用されています。この技術を使用した海外で非常に人気のある成功したアプローチは、カスタム装具の展開です。

  3. デジタルファブリケーション研究分野で高精度スキャナEinscanの活用事例

    事例紹介 今回は、弊社⽇本3Dプリンター株式会社のお客様の中から、東京大学大学院 情報理工学系研究科 創造情報学専攻 五十嵐研究室 中島一崇様(特任助教)の導⼊事例をご紹介させていただきたいと思います。

  4. 【EinScan活用法・ハンディ機種】あまり使われていなかった機能グローバルマーカーポイント

    いつもお世話になっております。日本3Dプリンターでございます。今回はハンディスキャンの中でもあまり知らないけれども便利なグローバルマーカーポイントという機能をご紹介していきます。 こちらはたくさんの物を短時間でスキャンする方などに向いている機能になります。

  5. 【EinScan活用法】粉が自然に消える!?3Dスキャン用スプレー

    いつも大変お世話になっております。 日本3Dプリンターでございます。 今回は【粉が自然に消える!?3Dスキャン専用スプレー】をテーマとしてEinscanの活用法を共有させていただきます。

  6. 3Dスキャン:3Dプリントメガネへの違ったアプローチ

    Fablab Bottropのロボット愛好家であり、情熱的なクリエイターでもあるLena Hagenauer氏は、学生に「データをモノに変える」ことを教えることを目的としたプログラム、FabAcademy 2020の参加者です。

  7. 【EinScan活用法】薄い形状を3Dスキャンするには

    いつも大変お世話になっております。 日本3Dプリンターでございます。 今回は【薄い形状を3Dスキャンするには】をテーマとしてスキャナーの活用法を共有させていただきます。

  8. EinScan Proシリーズ多機能3Dスキャナーの精度

    3Dスキャナーを購入する際には、間違いなく精度が必須条件です。各EinScanシリーズは工場でテストされ、少なくとも技術仕様書に記載されている精度を達成しています。0.04mm(固定)0.05~0.1mm (ハンドヘルドモード下)EinScanは2つの方法で精度を検証し、保証します。

  9. EinScan Pro 2XとGeomagic Essentialsはカスタマイズされたソリューションの作成を支援します。

    世界中の小売市場で、より高品質な商品が増えていることは周知の事実です。この動きの原動力の一つは、これまでよりも低コストで顧客のニーズに合わせて製品をカスタマイズしたり、カスタムメイドすることができるようになったことです。

  10. 自然をジュエリーに変える

    EinScan Pro 2xでの金細工3Dスキャンのアプリケーションといえば、産業用アプリケーション、ハイエンド計測、機械部品のリバースエンジニアリングなどが思い浮かびます。これらは3Dスキャンの伝統的なアプリケーションとして、長年にわたって長い道のりを歩んできました。

おすすめ記事

  1. 2019.5.9

    「芸術・文化遺産」3Dスキャナーで壊れた磁器の復元

    事例概要:Zhang Fei 3D art studioは、中国の河南窯の磁器の修復に、Ei...
  2. 2019.5.8

    「芸術と文化遺産」3Dスキャナーで彫刻デジタルミュージアムの設立と支援

    概要:オンライン3D造形プラットフォーム「MyMiniFactory」は、EinScanを使...
  3. 2019.5.8

    「研究と教育」3D スキャナーで脳波研究の支援

    人の脳が活発なとき、脳波は互いに通信し合う多数のニューロンからの同期電気パルスによって生成されます。
ページ上部へ戻る