ブログ

3Dスキャナーは自動溶接を可能にする

課題:

清潔かつ快適(comfortable)な溶接工場で働くのは素晴らしいことではないでしょうか?
それと同時に生産性と効率性を高めることができるか?
これはまさにVRIC(大連)のWelding Tech Companyが溶接技術に革命を起こすことを決めたときの課題でした。

 

チャレンジ:

VRIC(大連)Welding Tech Companyは、鍛造ダイ改修サービスと溶接材料のトップレベルの中国企業です。生産性を飛躍的に向上させるために、彼らは革新的な自動溶接機/ 3Dスキャナーの組み合わせを開発し、手動溶接機の仕事を置き換えました。手動溶接は重金属粉末を含む工場環境を作り出し、時間の経過とともに作業環境が悪化するため、新しい解決策が求められていました。さらに、経営陣は、手動の溶接作業員が会社の生産性の要求に応えられないことに気付きました。彼らは生産性の課題を解決すると同時に作業環境を改善する解決策が必要でした。

解決案:

VRICの主要顧客の1つであるギリンフーダ(Guilinfuda)は、エンジンクランクシャフト製造の専門家が、エンジンクランクシャフトダイモールドの新たな受注を発表しました。 VRICのエンジニアは、従来の手作業による方法ではなく、EinScan-Pro 3Dスキャナーで新しい自動溶接機を試してみました。溶接機の正確な2Dパスが必要であったため、Shining 3D EinScan-Proスキャナーを使用して、既存の鍛造モールドの正確な3Dデジタルモデルを取得しました。正確な3Dモデルを保存したら、サーフェスデータを使用して、自動溶接機を制御するために使用される2Dエンジニアリングパスを導出できます。

EinScan-Proの多機能3Dスキャナーは、ハンドヘルド高速スキャン、ハンドヘルドHDスキャン、自動スキャン、およびフリースキャンの4種類の多彩なスキャンモードのため、移植性と精度の両方を提供します。エンジンクランクシャフトの型は約1メートルの長さであったため、3Dデータを取得するためにハンドヘルドラピッドモードを選択しました。大きな金型から高品質の3DスキャンデータをキャプチャするEinScan-Proの能力は、自動溶接機にとって非常に重要な要素です。

 

3Dスキャンが完了したら、正確なSTLデータをGeomagic Design Xにエクスポートして、さらにモデリングと最適化を行いました。最適化されたGeomagic 3DサーフェスモデルはAuto-Weldプロセスに必要な2Dエンジニアリング図面を生成できるようにAutoCADにエクスポートされました。

 

結果と利点

VRICは、EinScan-Proの多機能3Dスキャナーを搭載し、以下のような手動溶接作業を完全に自動化することができました。

  • 溶接位置の精度の向上
  • 溶接スラグの削減で、研磨コストの削減が可能
  • 溶接速度が200-500mm /分から500-1500mm /分に増加
  • 作業環境を、有害な金属粉を減らすことによって大幅改善

 

 

関連記事

おすすめ記事

  1. 2018.1.16

    デスクトップ3Dスキャナの極限の機能をご紹介

    SHINING 3Dは、EinScan-Sスキャン分担法( the EinScan-S Scan S...
  2. 2018.1.16

    自由なデザインの夢を実現するEinScan

    あなたは余暇に何をしますか?関心を持っているものや現在の仕事に関連するものを探しますか?Sl...
  3. 2018.1.16

    3Dスキャナーは自動溶接を可能にする

    課題:清潔かつ快適(comfortable)な溶接工場で働くのは素晴らしいことではないでしょ...
ページ上部へ戻る