ブログ

3Dスキャナーを通じてアメリカのメーカーが作成した「Apocalypse Motorcycle」

概要:

Makertree3Dエンジニアは、Shining 3D EinScan-Proスキャナーを使用してオートバイの3Dデータを取得しており、他の3D素材と組み合わせることで、3D印刷技術によって「スケルトンマスク」の形のダッシュボードカバーを再設計し、作成しました。

紹介:
Makertree3Dは、プロトタイプと3D印刷の20年の経験を持つアメリカンメーカーズグループです。彼らは科学技術の詰まった作品を創造するため、3Dプリンターや3Dスキャナーなどの最先端技術を度々使用することがあります。

 

プロジェクトの背景

Makertree3Dのメーカーは、Yamaha 2011 Strykerオートバイをアポカリプティックスタイル(apocalyptic style)に変更しました。 「zombie chrome pedal」を含む一連の修正を完了した後、彼らは現在のダッシュボードカバーを「スケルトンマスク–skeleton mask」の形に変更することに決めました。

 

スキャンモデル

新しいダッシュボードカバー(dashboard cover)を設計して作成するには、エンジニアは元のカバーの3Dデータを編集する必要があります。

したがって、エンジニアはオリジナルのカバーをオートバイから取り外してスキャンしました。カバーの片面が黒で、もう片面がクロムメッキの高反射層であるため、エンジニアはスキャン品質を向上させるために、カバー上にイメージング剤の薄くスプレーする必要がありました。粉体をスプレーした後、エンジニアはカバーをターンテーブル(turntable)に置き、自動的にスキャンしてモデルデータ全体を取得します。その後、補完するために、スキャンモードを使用しました。

 

再設計
EinScan – Proによって元のモデルを入手した後、エンジニアはAutodeskからMeshMixerソフトウェアにデータをインポートしました。その後、Thingiverseからスケルトンとガスマスクのモデルをダウンロードし、MeshMixerにインポートしました。 MeshMixerに彫刻ツールを適用することで、エンジニアは3つの要素を結合し、スケルトンマスクのスタイルでダッシュボードを再設計しました。

 

印刷と後処理
終了後、エンジニアはデータをデスクトップの3Dプリンターにインポートし、新しいモデルをABS材料で印刷しました。印刷が完了し、モデルのサポートを取り除くと、エンジニアは新しいカバーを研削して塗装し始めました。彼らはまた、モデル表面にパテをスプレーした後に、生のものから細かいものまでのサンドペーパーを使用して研磨しました。

 

数回の研削の後、印刷されたダッシュボードカバーの表面は非常に滑らかにしあがりました。最後に、エンジニアはLowes CompanyのRust-Oleumカーボンミストを新しいカバーに数回塗り、新しいダッシュボードカバーを作成しました。

関連記事

おすすめ記事

  1. 2018.1.16

    デスクトップ3Dスキャナの極限の機能をご紹介

    SHINING 3Dは、EinScan-Sスキャン分担法( the EinScan-S Scan S...
  2. 2018.1.16

    自由なデザインの夢を実現するEinScan

    あなたは余暇に何をしますか?関心を持っているものや現在の仕事に関連するものを探しますか?Sl...
  3. 2018.1.16

    3Dスキャナーは自動溶接を可能にする

    課題:清潔かつ快適(comfortable)な溶接工場で働くのは素晴らしいことではないでしょ...
ページ上部へ戻る