ブログ

3Dスキャナーでのカスタムメイドのイヤホン

課題:
現代、おしゃれな消費者たちはカスタムフィッティング(custom-fitted)衣料品、パーソナライズドジュエリーなどのオーダーメイドのユニークな商品を求めています。

そして、今ではイヤホンでさえ製作のランクに加わっている。 D・イヤーズはハイエンド(贅沢品)市場向けのイヤホンの設計と製造に完全に専念した中国の大手イヤホンサプライヤです。オーダーメイドヘッドフォンを作成するためには、顧客のそれぞれからの外耳道形状データを簡単かつ迅速なプロセスで正確に捕捉する必要がありました。

 

解決案:

D・イヤーズはEinScan-S 3Dスキャナーを借りて、custom-fitted earphonesを提供する考え方を獲得していた。
私たちの話は、Shanghaiの2人の建築家デザイナー、Zhenlong MaとJackの3D造形が建築用ウェブサイトに出現したことに気付きたときに始まります。徐々に、それは新しいビジネスベンチャーに投資するための適切な時期かもしれないことをZhenlong Maは考え始めた。 Zhenlongは、 ‘仕事や週末には、私のパートナーであるJackと3D造形セミナーに参加しました。私たちは、この新技術によって提供される機会について重要な洞察を得ました。

セミナーでは、他の出席者のほとんどが材料技術者、機械技術者、プログラマー、またはセールスマンであることがわかりました。彼らは材料の選択、設備の選択、3D造形サービスに全面的に注力しましたが、3D印​造形のデザイン面には誰も注目していませんでした」。

ZhenlongとJackは、ビジネスプランを固め、デザインスタジオ、D・イヤーとして知られています。 ZhenlongとJackは、彼らのビジネスプランニングの中、彼らの将来のビジネスチャンスについて長い間懸命に考えていました。彼らは、3D造形技術が衣類や食品などの多くの伝統的な製造分野に劇的な影響を与えていることを知っていました。どちらの設計者も、モデリング能力を大幅に改善し、建設業界の経験からCADの専門知識を得ました。だから、彼らのノウハウに基づいて、そして競争力を得るために、Zhenlongはカスタムメイドのイヤホンとジュエリーのデザインについてのビジネスを構築することに決めました。

 

結果:

 

ZhenlongとJackは、付加的な3D造形技術を使用してカスタムメイドのイヤホンの設計と製造に専念することに決めました。彼らはEinScan-S 3D Scannerを選択して、人間の耳の個別化された繊細な3Dモデルを取得し、独自のHear Infiniteヘッドホンをこれらのユニークにキャプチャされたモデルに基づいています。

これまでのところ、自社製品はJD.com(中国最大のB2Cオンライン小売店)で成功され、中国初の3D造形理想的コンテストで2位を獲得しました。

D・イヤーズは今や豪華なカスタムヘッドホンのリーディングサプライヤーとしての名声を得て、盛んな活気あふれるビジネスです。 SHINING 3Dは、3Dスキャンと印刷のおかげで創造的なアイデアが現実のものとなった新しい企業の成長に一役買ってくれたことを誇りに思います。

【製造工程】
原則:イヤホンの表面形状の正確なモデルを作成するために、3Dスキャナーを使用して耳の形状をスキャンします。このプロセスにより、完全に一致した3Dイヤホンの適合が保証されます。

製品:EINScan-S 3Dスキャナー(SHINING 3Dから)

最初のステップは、滅菌されたきれいな状態で正確な耳チャンネルの型を取ることです。

耳の型が取り除かれ硬化されると、一般的な形になります。軽量化と研磨の後、我々は詳細な洗練された3Dコア形状を実現します。

 

次に、EinScan-Sデスクトップ3Dスキャナーを使用して、完成した形状をキャプチャします。私たちがしなければならないことは、「ポイント・アンド・クリック」だけであり、スキャンプロセスによって、私たちの実際の耳のチャンネルの型がコンピュータ上の3Dデジタルモデルに変わります。私たちのEinScan-Sは正確な3Dデータをキャプチャするように設計されており、デジタルモデルはすべて追加の編集や最適化を必要とせずに3D印刷対応です。

EinScan-Sには自動スキャンモードとフリースキャンモードが装備されており、いずれのスキャンモードでも簡単に切り替えることができます。私たちの耳の型の形状では、回転ターンテーブルのスキャンに3分もかかりません。これは、他の競合3Dスキャナーよりも3〜4倍高速で、設計生産性が大幅に向上します。場合によっては、モデリングソフトウェアを使用してモデルを微調整します。次のステップは、完成したデジタルモデルが感光性樹脂を用いて3D造形することです。製造の最終段階では、手動によるピアシングとエッジ処理が必要です。組み立て後、ヘッドフォンは激しい音質と音の周波数テストを実行します。

 

多くのHear Infiniteイヤホンは、スプレーティント、詳細ハンドペイント、ダイヤモンドスタッドなどの芸術的なタッチで完全にカスタマイズされています。完成したヘッドフォンをエレガントに彫刻された箱に詰めて完成です。オーダーメイドのカスタマイズされたHear Infiniteイヤホンは、快適な付け心地を保証しています。D・イヤーズ社は、3Dスキャニング、モデリング、3D造形の全領域を使用して、カスタム消費主義の魅力的なビジョンを作り出しています。 SHINING 3Dは、人々が自分の夢を達成しながら創造していくために、この無限の技術を提供することを誇りに思っています。

関連記事

おすすめ記事

  1. 2018.1.16

    デスクトップ3Dスキャナの極限の機能をご紹介

    SHINING 3Dは、EinScan-Sスキャン分担法( the EinScan-S Scan S...
  2. 2018.1.16

    自由なデザインの夢を実現するEinScan

    あなたは余暇に何をしますか?関心を持っているものや現在の仕事に関連するものを探しますか?Sl...
  3. 2018.1.16

    3Dスキャナーは自動溶接を可能にする

    課題:清潔かつ快適(comfortable)な溶接工場で働くのは素晴らしいことではないでしょ...
ページ上部へ戻る