ブログ

3D技術を通じて開発された、新しいコンセプトのハイヒール

概要:

98HTは、ハイヒールのデザインを専門とする会社で、中国芸術大学、浙江大学、浙江大学と協力して、3D技術によってヒールの高さの切り替え可能な靴を開発しています。

 

背景:

ハイヒールはお洒落な商品ではあるものの痛みを伴います。ハイヒールを履く女性は美しく見えますが、数時間または丸一日ハイヒールを履いて疲れや痛みを感じています。そのため、彼らは状況によってヒールの高さを変化させ、見た目もお洒落に保つということを考えております。これによって一日中ショッピングをしても痛みなく快適な生活が送れるようになります。

 

通常、製品の発売スピードはファッションやFMCG業界の売上に大きな影響を与えております。3D技術は製品の研究開発のスピードをさらに向上させることができます。浙江省工科大学のLi Xiangqing博士は、3Dスキャニングから3D印刷までの3Dデジタル化を利用し、製品の研究開発段階でリバースエンジニアリングと設計検証を行いました。

 

プロセス:

  1. ハンドメイクヒールサンプル

最初に、李博士率いるチームはスケッチと研磨によってヒールサンプルをデザインし、作成しました。

  1. EinScan-Proを3Dスキャンに使用する

SHINING 3Dのエンジニアがハンドメイドのヒールサンプルをスキャンし、3D検証データをチームに送り設計検証を行いました。

  1. SLA技術による3D印刷

3Dデータとオブジェクトの比較分析を通じて、Li博士のチームは調整を行い、修正された3DデータをSHINING 3Dに送信しました。ヒールはSLA技術を介して造形され、組立テストを受けました。

  1. 3Dスキャンを使用した専用テスト

組立の完了後、チームは靴に多数の力テストを行い、3Dスキャン技術を使用して物理的な衝撃を測定しました。フィッティングの前後で靴をスキャンするには、EinScan-Proを使用します。データの比較を通じて、靴の異なる部分の変形を測定することができる。

 

  1. 大量生産

靴のデザインとスタイルが確認されたら、98HTは量産を開始する予定だった。現在、この3Dプリントコンバーティブルハイヒールシューズは、正式に市場に投入されています。このデザインは、今年中国で開催された青年起業家賞で金賞を受賞し、1件の国内特許と8件の実用特許ならびに1件の香港実用新型特許を取得しました。

メリット:

1.開発を迅速にし、コストを削減
通常、デザイナーは設計の調整を行うために成形品の生産を待つ必要があり、また複数の成形品はまた大きなコストがかかってしまいます。 3Dスキャニングと印刷技術を使用することで、ヒールを直ちに製作してテストすることができ、開発のスピードを大幅に加速し、コストを削減します。

2.靴の快適性を向上させる

フォーステストは一般的に人によってテストされる従来の製造方法と比較して、3Dスキャンを使用する方法は、靴の各部分の圧力をテストし、より高い精度を有し、リアルタイムでデザインを調整し、快適性を向上することが可能です。

 

3.複雑な構造の生産を実現する
3Dプリントは、複雑な構造を作り出すことに様々な可能性を開いてきました。一方で、従来の技術では、限界におけて複雑な構造の生成をサポートすることができていませんでした。

見通し:

1. 3Dスキャンと3D印刷を使用して、完全にカスタムフィットしたおしゃれな靴を作成

李氏と彼のチームがスマートシューズで最初に試みた試みです。将来、3D技術を使用してカスタマイズサービスを提供し、さまざまな顧客の要求に応じて靴を生産を目指す。

 

2.子供用靴に新しい道筋を

カスタマイズから離れて、3D印刷技術で靴の構造を最適化することで、子供の靴にGPSのようなデバイスを組み込む予定です。このようにすることで、親は子供が迷子になることを心配する必要はなくなります。加えて、Li博士と彼のチームは、温度変化にも対応できる靴のような形の改良も考えております。

関連記事

おすすめ記事

  1. 2018.1.16

    デスクトップ3Dスキャナの極限の機能をご紹介

    SHINING 3Dは、EinScan-Sスキャン分担法( the EinScan-S Scan S...
  2. 2018.1.16

    自由なデザインの夢を実現するEinScan

    あなたは余暇に何をしますか?関心を持っているものや現在の仕事に関連するものを探しますか?Sl...
  3. 2018.1.16

    3Dスキャナーは自動溶接を可能にする

    課題:清潔かつ快適(comfortable)な溶接工場で働くのは素晴らしいことではないでしょ...
ページ上部へ戻る